簿記2級を独学で取得する|独学勉強法スーパーライト

添削と評価

客観的に評価する事が大切

中学、高校、大学入試と受験には小論文が出題されることが一般的です。小論文の配点は学校により異なりますが、出題内容に沿って論理的に説明をすることができるかどうかを判断しています。最近は小論文の配点を高く評価する学校も多くなっているので、受験をするには小論文を制する必要があります。ただし、文章を書いた本人が添削をすることは難しいのが現状です。自分で描いた文章を客観的に添削する事は不可能に近いので、第三者に客観的に添削をしてもらう必要があります。保護者ができれば問題ありませんが、わが子の書いた文章となればやはり主観的になってしまいます。また内容の整合性に合わせて文法も考慮されるので、国文法を正しく理解していなければ小論文の添削は難しいものです。

文章作成に、慣れ親しむ環境が大切

学校の先生に小論文の添削を依頼する事は可能ですが、多くの事務作業と並行していますし、他にも大勢の生徒がいます。一人に時間を割くことが難しいので、小論文をより高度に添削してもらうには学習塾に通うことが得策です。民間サービスを行っている彼らは、生徒は顧客になります。顧客満足を獲得するために日夜努力をしているので、小論文の添削にも重点を置いています。正しい文法の使い方や誤字脱字などを瞬時に判定し、内容の整合性にも力を入れて指導してくれます。手厚いサービスを受けたいと考えるならば、民間サービスを利用する事が得策になりますし、今後は小論文の重要性がますます高まるので早い段階から文章を書くことに慣れ親しむことが重要です。